VDI/VHD/VMDKの違い VirtualBoxのハードディスクのファイルタイプ

VirtualBox(Oracle VM VirtualBox)で仮想マシンを作成する際、仮想ハードディスクのファイルタイプを選択する必要があります。
選択肢であるVDI、VHD、VMDKの特徴をまとめました。

ハードディスクのファイルタイプ

VDI

VDI(VitrualBox Disk Images)は、名前の通りVitrualBoxのデフォルトのディスクフォーマットです。
公式なテストは実施されていないですが、VHDよりも動作速度が速く、ファイルサイズも小さいと言われています。

VHD

VHD(Virtual Hard Disk)は、マイクロソフトが開発しています。
MicrosoftのHyper-V用のディスクフォーマットです。
利点としては、物理ディスク内のvhdファイルから物理マシンをブートすることができます。

VMDK

VMDK(Virtual Machine Disk)は、VMwareのディスクフォーマットです。
差分バックアップをとることができるためバックアップの効率が優れています。
これも公式なテストは実施されていないですが、VDIよりも動作速度が速いと言われています。

まとめ

実行速度は VMDK > VDI > VHDと言われています。
差分バックアップが取得できるのもVMDKのみですので、差分バックアップを取りたい方はVMDKを選択するのがよいでしょう。
私はVDIがVMDKと比べて遅いと感じたことはないので、差分バックアップを取る予定がない場合は、VitrualBoxのデフォルトフォーマットであるVDIを選んでいます。

VitrualBoxは3つ全てのフォーマットを扱うことができ、QEMUのqemu-img convertコマンドでフォーマットを変更することもできます。
なのでVitrualBoxにまだ慣れていない方は、悩んだらVDIを選べば良いと思います。

以上になります。
分かりにくいところや「もっとこうしてほしい」などのご意見がありましたら、ツイッターから連絡いただけると幸いです。
質問に関してもお気軽にお問い合わせください。

VirtualBoxで何度OSをインストールしても、再起動するとOSのインストール画面が表示されてしまった時の解決方法を紹介しています。
何度もOSのインストール画面が出てしまう場合は参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました